取り組み (14) 憲法のこと (1) 当会のこと (3)
2016年10月‐12月 てくてく けんぽう カフェ MAP
てくてく けんぽう カフェ MAP(表)

てくてく けんぽう カフェ MAP(裏)



 「憲法を生かす阪神連絡会」の奥山です。
 「憲法を生かす阪神連絡会」は「みなせん@西・芦」に一構成団体として参加しています。
 今日は「憲法カフェ」を中心に報告させてもらいます。

 参議選後「みなせん@西宮・芦屋」では「てくてく憲法カフェ」という名前の「憲法カフェ」を、2016年10月から12月にかけ、西宮・宝塚において7カ所で行いました。
 「カフェ」の目的として、参議選の敗北に「憲法が選挙の争点にならなかった」ことが言われますが、「憲法カフェ」が、誰でも気軽に参加出来て、「憲法を政治に生かす」「生活から憲法を考える」そんな場所になればとの想いで取り組んできました。

………………………………………………………………………

 「カフェ」参加者の主な発言と感想
 (「憲法を生かす阪神連絡会」が担当した「カフェ」を中心に……)

・1か月先の事もわからないのに、憲法のことなど考えられない(20代男性・派遣)
・普段生活の中で、憲法を意識することはほとんど無いが、憲法があることで守られている権利が沢山あるんだと気付かされた。(30代男性・非正規)
・正規でも中小企業は労働組合がないから、会社に文句を言えない。働きすぎの夫が心配だけど、話を聞いてくれない。(40代女性)
・44年間働いても、もらえる年金は少なく生活は苦しい。妻はバイトをしているがそれでも足りず、自分も今仕事を探している。(60代男性・年金)

 などなど、先の見えない生活に、若者や年金生活の高齢者まで、全世代から「怒りや不安、不満」の声が出されていました。
 また「すべての問題が労働問題につながっている、ここから憲法を考えていくことも必要!」との感想も新鮮で印象的でした。

 次に、幼いお子さんと一緒に、初めて「憲法カフェ」に参加された女性の感想です。
・「『憲法カフェ』とても楽しかったです。もっと堅い感じなのかと思っていましたが参加しやすい雰囲気でした。 ∼ ニュースを見たり聞いたりすると悲しいことが多かったけど、考えたり、行動されたり、そういう方々がいらっしゃることを知ることが出来て、とても嬉しかったです。有難うございます。」

 このような想いを抱きながら、日々生活されている市民の方が、私達の周りにはたくさんおられるのではないかと思います。だから市民の近くで、誰でも気軽に参加できる「憲法カフェ」が大切だと考えています。
 だから「ひろげよう!憲法カフェ」です。

161016_憲法カフェ2

161016_憲法カフェ1
スポンサーサイト
[2016/12/01 00:00] | 取り組み | コメント(0) |
<<2016年12月4日 てくてくけんぽうカフェ | ホーム | 2016年6月3日「市民と野党(5党)の共同アピールat西宮」>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

みなせん@西宮・芦屋

みなせん@西宮・芦屋

未来は選べる!選挙に行こう!
市民の力で政治を変えよう!  
        
選挙は、あなたが変わるチャンス!
家族、友人、職場、ご近所のいつものあの人と政治の話したことある?
憲法が変えられようとしているいまだからこそ、勇気を出して話してみよう!

未来は選べる!!

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

管理用