取り組み (18) 憲法のこと (1) 当会のこと (3)
[2016年04月]の記事
2016年4月16日 会の設立集会を行いました!
取り組み
私たちの想い 設立趣意書
当会のこと
未来は選べる!選挙に行こう! 【 サポーター ・ 賛同人 募集 】
当会のこと
設立集会にむけた マスコミ報道(2016年4月12日)
取り組み
  ……全ての記事を表示する
2016年4月16日 会の設立集会を行いました!

4/16結成集会

未来は選べる!選挙に行こう!市民の力で政治を変えよう!  
        
この夏の選挙は、あなたが変わるチャンス!
家族、友人、職場、ご近所のいつものあの人と政治の話したことある?憲法が変えられようとしているいまだからこそ、勇気を出して話してみよう!それぞれの地域でそれぞれの思いで。
この夏、みんなで選挙を楽しもう!未来は選べる。

【日時/場所】
とき:4月16日(土)15時~18時
ところ:西宮公同教会チャペルホール

【プログラム】
◆第一部(15時~15時50分頃)
ウクレレ演奏(TK112)/国会漫才
議員挨拶 金田峰生(共産党・参議院予定候補)・水岡俊一(民進党・現参議院議員)

異色の漫才コンビ シホとヤギ
「国会食堂編」動画


◆第二部(16時~16時50分頃)
選挙ジョッキー(丸尾牧さんとよつや薫さん)
ワークショップ

◆交流会と記者会見(17時~18時)
司会:安保関連法に反対するママと家族と有志の会@西宮らへん   

【参加費】なし
【主催】みなせん西宮・芦屋(準備会)
スポンサーサイト
[2016/04/16 18:01] | 取り組み | コメント(0) |
私たちの想い 設立趣意書
12495062_n.jpg 2015年9月19日、かつてない多くの国民が反対の声を上げる中で、新しい安保法制が強行採決されました。この新・安保法制は、憲法の定める平和主義を、解釈によって変更したもので、立憲主義に反します。また、現政権が今年の参院選挙後に憲法に創設しようとしている緊急事態条項は、独裁政治につながるとても危険なものです。

 さらに、2012年に発表された自民党の改憲草案は、「人は生まれながらに自由で平等である」という考え方(天賦人権説)を否定し、公益や公の秩序による広い人権制限を認めており、個人の尊厳を根幹とする日本国憲法ひいては近代的立憲主義を、根本から否定しています。

 私たちは、戦後70年間でもっとも大きな憲法の危機、私たちの尊厳の危機において、選挙によって、立憲主義・平和主義を私たちの手で取り戻し、私たち一人ひとりの尊厳をまもるため、主権者として立ち上がることを決意しました。

 具体的には、私たちみなせん@西宮・芦屋は兵庫選挙区(衆院選挙においては第7区)において、みんなが楽しく参加でき、民意を反映した選挙が行われるよう活動し、結果として、2016年夏の参議院選挙及び次の衆議院選挙において、「立憲主義をまもり、新・安保法制を廃止する議員」が3分の1を超える議席を守り、さらに過半数を超える議席を獲得できるよう支援します。
[2016/04/16 18:00] | 当会のこと | コメント(0) |
未来は選べる!選挙に行こう! 【 サポーター ・ 賛同人 募集 】
政治って?
選挙って?
政治家に任しておけばよいと思っていませんか。

消費税、介護、育児、教育、人権、どれも私たちの生活に切り離せないことがらですよね。
だからみんなで考えましょう!
私たちの代表はどんな人がふさわしいのか。
あなたもみなせん(みんなで選挙)の活動に参加しませんか。
私たちと一緒に選挙で野党共闘を後押しし、生きづらい世の中を変えていきましょう。


賛同人になってサポートしてください

  • 賛同金は1口1000円。
    (名前公開不可の方は申し出てください)
  • 賛同金は、チラシの制作・勉強会などに使わせていただきます。

振込先

  • 郵便振替 00920-6-209992
  • 加入者名 みなせん@西宮・芦屋


みなせん@西宮・芦屋 共同代表

  • 石塚健(元教ネット)
  • 奥山篤(憲法を生かす阪神連絡会)
  • 片岡隆(芦屋「九条の会」)
  • 川元志穂(弁護士)
  • 八木和美(安保関連法に反対するママと家族と有志の会@西宮らへん)

連絡先



みなせん@西宮芦屋 賛同用紙
[2016/04/16 17:55] | 当会のこと | コメント(0) |
設立集会にむけた マスコミ報道(2016年4月12日)
毎日新聞ニュースサイト:
http://mainichi.jp/articles/20160412/ddl/k28/040/575000c#csidx8606b2f229c58f1813d04370c89a020
【 Copyright 毎日新聞 】

 国政選挙で、立憲主義と平和主義を守る候補者への応援を呼びかけるグループ「みなせん@西宮・芦屋」の結成集会が16日、西宮公同教会チャペルホール(西宮市南昭和町)である。過去の西宮・芦屋地域の選挙結果の分析や、参加者同士で応援する候補者について意見を交わすなどして、選挙への関心を高める。

 グループは、昨年9月に成立した、集団的自衛権の行使を容認する安全保障法について「必要な憲法改正手続きを経ていない」などとして、批判的な立場の市民らが結成。次回の参院選や衆院選で、安保法に反対する野党の共闘を呼びかけたり、西宮や芦屋を選挙区とする立候補予定者らに政治姿勢を尋ねて、応援する候補者を決めたりする。弁護士や元教員、主婦ら5人が共同代表を務め、政治団体として届け出る。共同代表の川元志穂弁護士は「立憲主義を守るよう訴え続けるとともに、今まで政治に縁のなかった人たちの関心も呼び起こしたい」としている。

 午後3時からで参加無料。問い合わせはみなせん@西宮・芦屋準備会(090・6370・2084)。
[2016/04/12 00:00] | 取り組み | コメント(0) |
プロフィール

みなせん@西宮・芦屋

みなせん@西宮・芦屋

未来は選べる!選挙に行こう!
市民の力で政治を変えよう!  
        
選挙は、あなたが変わるチャンス!
家族、友人、職場、ご近所のいつものあの人と政治の話したことある?
憲法が変えられようとしているいまだからこそ、勇気を出して話してみよう!

未来は選べる!!

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

ブログ内検索

最新記事

最新コメント

QRコード

QR

管理用